2018/04/19

群馬まで建物見学。羽村西口イタリアンカフェバー改装日記、沼田編

3週間ほど前の話。左手を怪我して、退院後すぐ、レンタカーを片手で運転して行ってきました、群馬県沼田市。お目当ては新築現場のお披露目会。

と言ってもただの新築ではなく、築150年の民家を解体した後の古材を使って新築。というのだけならまだわかりますが、更に新しい材と組み合わせて使うという珍しい話だったので友人二人を誘って見てきました。

FB_IMG_1521995464425

 

黒い部材が古材、白いものが無垢の新材です。木は何だったか忘れました、、、

 

FB_IMG_1524064481520

FB_IMG_1524064624995

 

なかなかお目にかかれない程の立派な梁です。そして見事な組手と継手!そのコントラストがデザインになっているという、才色兼備と言うやつですね。

築150年の材も削ると新材のような香りがするんだとか。誰か巨匠が言っておりました。「木は切られて木材となってからも同じ年月を生きるのだ。」とか。ロマンチックですね。こういう、スケール感は料理の世界にはありません。

FB_IMG_1521995392991

 

古い思い出も一緒に移築できる。ちょっと違いますが伊勢神宮、出雲大社の遷宮を思い出しました。

工舎すみかと建築家丹呉明恭さん、今後も注目していきたいと思います。さて、自分の作らなきゃ!

 


 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
アクアヴィータ
http://aquavita2015.jp/
住所:東京都羽村市羽東1-22-3第13コーワコーポ1F
TEL:090-4295-9989
メールでのお問い合わせはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
PAGE TOP ▲