2018/07/13

食材探しの旅その3 DAY4新潟港編

秋田から下道をぶっ飛ばして一気に新潟市新潟港へ。で、でかい!大型フェリー、国際航路、貨物船、漁港などなど集約されており、今まで見た港の中で1番活気がある気がしました。IMG_20180710_145358

今回は卸売市場ではなく、観光客向けの魚市場へ。ここでも十分な物が手に入りそうです。おしゃれなカフェ(アイスコーヒー美味しかった!)回転寿司もあります。(この手にありがちな残念グルメではありませんでした。)

前回までの太平洋側と違い、カツオ、マグロ(本マなど一部可能)金目鯛、秋刀魚、穴子、鰻などは上がりにくい。代わりにズワイガニなどは日本海ならでは、天然真鯛はかなり物が良さそう。

IMG_20180710_122955

太平洋側と日本海側で1軒ずつ魚屋を確保できれば安定して鮮魚が供給できるわけです。供給先は多いに越したことありませんが。

 

地方市場の衰退ぶりを見るにつけ、これからは食材ですら配送の時代がやってくるのではと感じてます。築地(豊洲)は依然として都心で存在し続けるでしょうけど。

新潟は産地と消費地が近く、海鮮系飲食店も総じてレベル高し、全体的な活気を感じました。

 

さて、このあとは一路帰路へ。連日の長距離ドライブに疲れが頂点。こういう、体の酷使が蓄積すると大変なことになる、気をつけなくては。

 

残すは茨城の土浦、千葉の銚子港ですが、次回に回すことに。こちらも楽しみです。

 

このように日本全国の産地を巡っていると、観光地も含め、地方都市(東京の地方部、都心も例外ではない!)の、今後のあり方など考える良いきっかけとなりました。

アクアヴィータも羽村市、西多摩でやってみたいことが、たくさんありますがまずは一つずつクリアしていこうと思います。取り敢えずお店をオーブンする為の、改装をするための、資金を得るための、明日の営業です。はい、明日から再開でーす!

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

アクアヴィータ
http://aquavita2015.jp/
住所:東京都羽村市羽東1-22-3第13コーワコーポ1F
TEL:090-4295-9989
メールでのお問い合わせはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
PAGE TOP ▲