2019/06/21

オリンピック特集#1 6/21(金)ぐっさんカヌースラロームワールドカップ第2戦に参戦!!

アクアヴィータ、シェフ、実はオリンピックスポーツでもある、カヌースラロームに長いこと親しんできました。自転車もかなり贔屓にしているスポーツですが、本日は、我が住処の東京都青梅市に拠点を置いて、オリンピックを目指しているカヌーの選手を紹介したいと思います。実は、青梅市、青梅マラソンが有名ですが、この競技ではオリンピック選手を何人も輩出。多摩川の御岳地区は長らく関東、いや日本の中心的な場所でした。

 

以前にもGOPというイベントで登場したかと思いますが、、、

青梅総合高校で体育の先生をしながら日本代表でもあられる、谷口和也さんです。

 

FB_IMG_1561048934801

<国際レースにて、基本に忠実な安定感のある漕ぎが特徴です。>

 

徳島県那賀高校でカヌーを始め、早稲田大学を経て、都立青梅総合高校の夜間部教諭。昼間はトレーニングをし、午後から仕事する傍ら、長らく日本のC-1カテゴリー(片漕ぎのカヌー)をけん引する存在。カヌー以外に仕事をして代表入りしていることから、努力派社会人アスリートとしての評価が高い。Team Flip Flop所属。30台既婚。

 

FB_IMG_1561048921221

<冬のレースeventにて筆者と>

 

 

リオオリンピックで銅メダルを獲得したハネタクこと羽根田卓也選手の活躍で一躍有名になった、カヌースラローム、C-1(シーワン)というスポーツの存在。地元青梅市でこんな熱い人が頑張っているのに、意外と知られていない、、ということに気付き、自称アスリート系シェフである、私、今井が海外遠征前のぐっさん、こと谷口選手に独占インタビューしてまいりました!!

因みに東京オリンピックに出場するには海外レース3戦そして10月の東京オリンピックコースでの最終戦、計4戦の合計成績であの、羽根田選手に勝たねばなりません!!

 

 

今:本日はお忙しいところ、ありがとうございます。川以外で会うのは初めてかな、、何か妙に緊張しますが、、よろしくお願いします。まずはこの競技を始めたきっかけを教えてください、また、他にはスポーツはやっていたんでしょうか?

 

ぐ:出身高校の那賀高校が、カヌー競技に力を入れていて、たまたまそのカヌー部に入りました。そのころ、社会人の間でも結構盛んで、その中に三馬さん(C-2のオリンピ

アン)もいて、自分にとっての師匠のような存在です。環境が良かったですね。野球もやっていましたが、カヌーを始めてからはそれ一本ですね~、うちのカヌー部はレーシング(静水で漕ぎタイムを競う競技)もやっていましたが僕はとにかくスラロームの技術的な奥深さのはまりました。レーシングは一応インター杯、全国大会にも出ましたが、、、(スラロームはインターハイありません。)

 

今:ああ、わかりますね、他のスポーツに比べて、水、それも複雑な流れの中でやるという、なかなか他に無いですよね、でもそれだけにハードルも高い。。。自分は青梅に越してくるまではそもそも川に出るのすら大変でしたが。。。普段はどういった毎日を過ごされてるんでしょうか??

 

 

 

ぐ:仕事は土日が一応休みでこの二日はみっちり一日トレーニング、平日は毎日午後から学校で授業ですので、午前中基礎トレ、筋トレも含め、週一の休み以外は毎日やってます。ランニングも毎日してます。

 

DSC_0224

<先生って感じっす!>

 

 

今:トレーニングして疲れた体で仕事ですか、、、しんどそうですね。。

 

ぐ:ご飯食べて少し休んでから行きますから、あと、疲れたら整体、マッサージなんかもたまに行きますね。やっぱり普段カヌーの中で正座して片側ばかり漕いでいると絶

対骨格が歪んでしまいますよね~。

 

今:あ~、やっぱり。サッカーの本田なんかは両腕に腕時計をするらしいですね!そういうことなのか。普通のカヤック(両漕ぎのカヌー)も漕ぎすぎると体の筋肉が偏る

らしいです。やりすぎはよくないみたい、クロストレーニングはしてますか?また、食事は気を付けてますか?

 

ぐ:食事はなるべく自炊です、油もの控えたり、アルコールは取らないように気を付けてます。それで速くなれたら安いもんかなあと。カヌー以外のスポーツはそうですね

~、最近は静水でSUP(スタンドアップパドル、立って漕ぐボード)したりもしてます。結構いい全身運動になるんですよ。あとヨガとか。

 

FB_IMG_1561057391273

<クロス漕ぎ。C-1特有のテクニック>

 

今:ヨガ!柔軟性アップ?

 

ぐ:肩回りなんか柔らかいに越したことは無いと思います、逆に脱臼のリスクも高まる気もしますが、、、ヨガは安藤太郎コーチ(シドニー五輪カヤック出場)の影響で始

めました。去年くらいから色々技術面を指導してもらってます。

 

 

今:やっぱり、太郎さんの影響が大きいんですね。僕も色々教えてもらい、目からうろこでした。

 

ぐ:そうですね、ただ海外の技術をコピーするだけでなく、自分の理論を確立しているところが凄いです。カヤックだけでなく、C-1もできますしラフティングの世界大会

も二連覇果たしましたしね!

 

今:すごいですよね!さて、最後に東京オリンピックへの意気込みを。アジア人初メダリストの羽根田選手に勝たねばなりません、またいつも二位争いをしている佐々木選

手も油断ならない相手かと。安藤太郎コーチとストローク(漕ぎ)の改善し、パワーアップとスピードアップを図っていると聞きましたが、手ごたえいかがでしょう?

DSC_0227

<顔もハネタクに負けてないと思いますが、、>

 

ぐ:感触はいい感じです。選考対象レースは4戦で最終戦の東京のレースが一番大事なのでそこまでに徐々に調子を上げていく感じになると思います。自分は適度なプレッ

シャーがあったほうが集中していい精神状態になれるタイプです。考えすぎないで自分らしい漕ぎをきっちりやれば可能性は十分あると思ってます!

 

今:全力で応援してます!ありがとうございました!

 

 

DSC_0228

<青梅駅前にて、やっちまった仏頂面、、、>

 

 

その、真面目さ、まっすぐな人間性がそのままスタイルに出ているようなカヌースラローマー、谷口和也。こんな先生に教わっている生徒さん、羨ましいっ!将来的にカヌースラローム、中でもC-1をもっと普及させたい。と熱く語っておりました。

今後レースの動画などをアップしていきますので是非是非チェックしてくださいね~!

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
アクアヴィータ
http://aquavita2015.jp/
住所:東京都羽村市羽東1-22-3第13コーワコーポ1F
TEL:090-4295-9989
メールでのお問い合わせはこちら
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
PAGE TOP ▲